東京中低域 長編映像作品第2弾『CANDY』

ご存知のように(?)東京中低域というバンドはバリトンサックスと肉声しか使用しない事が鉄則の純バリトンサックスアンサンブルです。そんな彼らがその鉄則にシッカリ従いつつ素敵な映画を作りました。撮影地は公演の為に訪れた7月のアムステルダム。Maarten Lutherkerk(教会のチャペル)の美しい音響とインテリアを駆使したライブ映像、ヴォーカルをフィーチャーしたクリップ、素敵な街並を背景に繰り広げられる5つのドラマ。ドラマを演じているのは全て東京中低域のメンバー=バリトンサックス・プレイヤー。流れるBGMは全て東京中低域=バリトンサックス・ミュージック。こんなバリトンサックスだらけの映画は、当然のことながら史上初!

 

東京中低域『CANDY』FAQ

Q:「東京中低域『CANDY』(DVD)は、どこで買えるんですか?」
A:長らくお待たせいたしました、2013年6月5日から、DVD『CANDY』がCDショップや amazon などで、お求め頂ける事となりました!
流通品番は[DQB-48]です。
ご利用ご利用!
詳しい内容 >> 『BOUNDEE/News/「東京中低域」ニューリリースは史上初のバリトンサックスだらけの映像作品。』

そしてご愛顧頂いているこの『CANDY』特設サイトや、東京中低域Facebookページにても続報ぞくぞくお届けいたします。
また、引き続 き東京中低域、及び、そのメンバーのライブで購入できる場合もありますが、その時々に応じて定まっておりません。
その都度、東京中低域、または、各メンバーへお問い合わせくださいませ。

Q:「東京中低域『CANDY』って、なんなんですか?」
A:「このページ、最初のブロックを読んでください。(笑)」

Q:「東京中低域『CANDY』についてTwitterでツイートしたいのですが?」
A:「ハッシュタグ( #ikiincandy )を用意しました。このハッシュタグを付けて、ツイートしてください。コメントお待ちしています。あ、宣伝も嬉しいです。w」

以上。

 

予告編

東京中低域『CANDY』予告編 第5弾「十一種」

東京中低域『CANDY』予告編 第4弾「キョーレツな下剤」

東京中低域 DVD『CANDY』予告編 第4弾「キョーレツな下剤」、そして、第5弾「十一種」いかがでしたか?
第4弾「キョーレツな下剤」は、ドラマです。
演技もキョーレツですね…。(笑)
そして、今回、同時に第5弾「十一種」もアップです。
こちらは、ライブです。

ハッシュタグ( #ikiincandy )を用意しました。
よろしければ、感想ツイート、応援ツイートなどいただければ幸いです。m(_ _)m

東京中低域『CANDY』予告編 第3弾「ザッケローニ、非ザッケローニ」

「ザッケローニ、非ザッケローニ」は、アルバム『ラスト・バリトニク』に収録されています。
『ラスト・バリトニク』は、以下からお買い求めいただけます。

 >> 
amazon で買う(CD)
 >> 
amazon で買う(MP3ダウンロード)
 >> 
iTunes Store で買う

以上。

東京中低域『CANDY』予告編 第2弾「水と生活」

東京中低域『CANDY』予告編 第1弾「休む場所のない家」

producer : AKIRA MIZUTANI (SUPER HYPE MUSIC)
director / camera operator / film editer : TAKUHIRO SUZUKI (OCEAN AND RIVER)
music mix : SHINICHI AKAGAWA (STUDIO MIMIZUKU)
subtitle translator : KANA KAWANISHI 
opening film editor : Masaru Nishimura (OCEAN AND RIVER)
東京中低域 DVD『CANDY』予告編いかがでしたか?
ハッシュタグ( #ikiincandy )を用意しました。
よろしければ、域員へ励ましのツイートを!

東京中低域 『CANDY』

▼OPENING (music _Candy)
▼ARRIVAL
music 01_Zaccheroni, non Zaccheroni
music 02_One Hundred Fingers
▼FAN LETTER
music 03_Nowhere House
▼A STRONG PURGATIVE (music _Hiroshi’s Bonbons/Cat fight)
music 04_My Life with Water
music 05_Poincare Conjecture
music 06_Mike Douglas on the Moon with Amethyst
▼LEGAL SALAD (music _Music for Tao#3~drone)
music 07_Room of Iron Frame
music 08_Kuroda Sayako
▼SCHEVENINGEN (music _In the Pool)
music 09_It is Soroso Spring
music 10_Eleven Seven
music 11_Eleven Kinds
music 12_Correctitude
▼CROSSROAD (music _Todokeyo)
music 13_Vouloir, c'est Pouvoir
music 14_Flatter ~ Tao #1.5
music 15_The Cutest Skirt
▼DEPARTURE (music_music for Tao#2)
▼CREDITS (music _Candy)

Approximate Running Time : 1 Hour 30 Minutes

All Music Composed, Arranged and Produced by Akira Mizutani (SUPER HYPE MUSIC)
Performed by Tokyo-chutei-iki

Tokyo-chutei-iki:
Akira Mizutani (Baritone Sax, Vocal), Akira Kito (Baritone Sax), Hiroshi Suzuki (Baritone Sax)
Junichi Tsuruta (Baritone Sax), Ryota Higashi (Baritone Sax), Yoichi Tsutsui (Baritone Sax)
Jiro Nagano (Baritone Sax), Shunosuke Ishikawa (Baritone Sax), Torazo Udagawa (Baritone Sax)
Junichi Kamiunten (Baritone Sax), Masato Yamamoto (Baritone Sax)
Chouemon Machida (Baritone Sax), Takuya Matsumoto (Baritone Sax)

producer : AKIRA MIZUTANI (SUPER HYPE MUSIC)
director / camera operator / film editer : TAKUHIRO SUZUKI (OCEAN AND RIVER)
opening film editor : MASARU NISHIMURA (OCEAN AND RIVER)
music mix : SHINICHI AKAGAWA (STUDIO MIMIZUKU)
subtitle translator : KANA KAWANISHI 


キャスト

Tokyo-chutei-iki:
Akira Mizutani (Baritone Sax, Vocal)
Akira Kito (Baritone Sax)
Hiroshi Suzuki (Baritone Sax)
Junichi Tsuruta (Baritone Sax)
Ryota Higashi (Baritone Sax)
Yoichi Tsutsui (Baritone Sax)
Jiro Nagano (Baritone Sax)
Shunosuke Ishikawa (Baritone Sax)
Torazo Udagawa (Baritone Sax)
Junichi Kamiunten (Baritone Sax)
Masato Yamamoto (Baritone Sax)
Chouemon Machida (Baritone Sax)
Takuya Matsumoto (Baritone Sax)


スタッフ紹介

director / camera operator / film editer

鈴木拓洋(すずきたくひろ) takuhiro suzuki

1962年名古屋市生まれ
19歳で渡米しアメリカンカルチャーを学ぶ。
22歳、ギタリストとして音楽活動をしながら映像制作会社で映像制作に関わる。
27歳、名古屋のテレビ局を中心に演出家として活動。
主に、自然科学、環境問題、伝統文化の職人など様々なドキュメンタリー作品を手がける。
1993年、WEB放送局GETTVを立ち上げ、1日1作品(ドキュメント)の公開と、生放送動画コンテンツをプロデュース。
現在、テレビ番組企画制作、CM企画制作、WEB向け動画制作、ミュージッククリップ制作を行う有限会社オーシャンアンドリバー代表を勤める。
東京中低域ロンドン・オランダツアーに同行。
音楽活動としては、名古屋のカントリーロックバンドWET BACKのギターとして、今年25年目を迎え、シングル3枚、アルバム3枚を発表。

<受賞歴>
1995年日本民間放送局連盟賞 統一キャンペーン部門 優秀賞受賞「巨樹のある風景」
1998年「てれび博物館」サイエンスキャラバン〜土〜 文部省推薦番組賞受賞
2011年日本民間放送局連盟賞CM部門 優秀賞受賞「伊勢志摩国立公園」
2012年ギャラクシー賞 CM部門出展

opening film editor

西村大(にしむら まさる) masaru nishimura

1977年兵庫県姫路市生まれ
大学在学中から名古屋でミュージッククリップ制作に関わる。
名古屋のHIPHOPアーティストの信望が厚く、今までにシーモ、nobodyknows+、MASH、キンググラスホッパーズ、crystal boy、HOME MADE 家族などのミュージッククリップを制作。
東京中低域のロンドンツアーではRAINのミュージッククリップを手がける。
現在、有限会社オーシャンアンドリバーに在籍。
CM、ミュージッククリップ、テレビ番組の演出を手がける。

収録曲紹介

01: OPENING scene music …「キャンディ/Candy」=アルバム未収録
02: DRAMA scene "ARRIVAL"
03: LIVE scene music …「ザッケローニ、非ザッケローニ/Zaccheroni, non Zaccheroni」=アルバム『ラストバリトニク/The Last Baritonik』[DQC-625/SCR-008]収録
04: LIVE scene music …「百本指/One Hundred Fingers」=アルバム『ラストバリトニク/The Last Baritonik』[DQC-625/SCR-008]収録
05: DRAMA scene "FAN LETTER"
06: CLIP scene music… 「休む場所の無い家/Nowhere House」=アルバム未収録
07: DRAMA scene "A STRONG PURGATIVE"…「ヒロシのボンボン/Hiroshi's Bonbons」=アルバム『ラストバリトニク/The Last Baritonik』[DQC-625/SCR-008]収録「キャット・ファイト/Cat Fight」=アルバム『インザマス/In The Mass』[DQC-/SCR-003]
08: CLIP scene music… 「水と生活/My Life with Water」=アルバム未収録
09: LIVE scene music… 「ポアンカレ予想/Poincare Conjecture」=アルバム『ラストバリトニク/The Last Baritonik』[DQC-625/SCR-008]収録
10: LIVE scene music… 「マイク=ダグラス・オン・ザ・ムーン・ウィズ・アメジスト/Mike Douglas on the Moon with Amethyst」=アルバム『ラストバリトニク/The Last Baritonik』[DQC-625/SCR-008]収録
11: DRAMA scene "LEGAL SALAD" …「ミュージック・フォー・タオ・ナンバー・スリー/music for tao #3」アルバム『パリコレ/Paris Collection』[DQC-629/SCR-007]収録
12: LIVE scene music …「鉄骨の部屋/Room of Iron Frame」=アルバム『ラストバリトニク/The Last Baritonik』[DQC-625/SCR-008]収録
13: LIVE scene music …「黒田清子の一日/Kuroda Sayako」=アルバム『十一種/Eleven Kinds』[DQC-/SCR-005]
14: DRAMA scene "SCHEVENINGEN" …「水浴風景/In the Pool」」=アルバム未収録
15: LIVE scene music… 「そろそ春です/It is Soroso Spring」=アルバム『ラストバリトニク/The Last Baritonik』[DQC-625/SCR-008]収録
16: LIVE scene music …「イレブン・セブン/Eleven Seven」=アルバム『ラストバリトニク/The Last Baritonik』[DQC-625/SCR-008]収録
17: LIVE scene music… 「十一種/Eleven Kinds」=アルバム『十一種/Eleven Kinds』[DQC-/SCR-005]
18: LIVE scene music… 「まちがわなさ/Correctitude」」=アルバム『東中/Tochu』[SCR-001]廃盤
19: DRAMA scene "CROSSROAD"… 「届けよう/Todokeyo」=シングル『大寒東京/Awesome Tokyo」[DQC-818/SCR-009]
20: LIVE scene music… 「欲する事は可能な事である/Vouloir, c'est Pouvoir」=シングル『大寒東京/Awesome Tokyo」[DQC-818/SCR-009]
21: LIVE scene music… 「フラッター〜タオ・ナンバー・ワン・ポイント・ファイヴ/Flatter~tao #1.5」=「ミュージック・フォー・タオ・ナンバー・ワン/music for tao #1」アルバム『パリコレ/Paris Collection』[DQC-629/SCR-007]収録(※Flatter~tao #1.5はパリコレ収録music for tao #1のライブ・アレンジ・ヴァージョンです)
22: LIVE scene music… 「最高のスカート/The Cutest Skirt」=アルバム『ラストバリトニク/The Last Baritonik』[DQC-625/SCR-008]収録
23: DRAMA scene "DEPARTURE"… 「ミュージック・フォー・タオ・ナンバー・ツー/music for tao #2」アルバム『パリコレ/Paris Collection』[DQC-629/SCR-007]収録
24: CREDITS scene music …「キャンディ/Candy」=アルバム未収録