東京中低域 長編映像作品第2弾『CANDY』

ご存知のように(?)東京中低域というバンドはバリトンサックスと肉声しか使用しない事が鉄則の純バリトンサックスアンサンブルです。そんな彼らがその鉄則にシッカリ従いつつ素敵な映画を作りました。撮影地は公演の為に訪れた7月のアムステルダム。Maarten Lutherkerk(教会のチャペル)の美しい音響とインテリアを駆使したライブ映像、ヴォーカルをフィーチャーしたクリップ、素敵な街並を背景に繰り広げられる5つのドラマ。ドラマを演じているのは全て東京中低域のメンバー=バリトンサックス・プレイヤー。流れるBGMは全て東京中低域=バリトンサックス・ミュージック。こんなバリトンサックスだらけの映画は、当然のことながら史上初!

 

東京中低域『CANDY』FAQ

Q:「東京中低域『CANDY』(DVD)は、どこで買えるんですか?」
A:長らくお待たせいたしました、2013年6月5日から、DVD『CANDY』がCDショップや amazon などで、お求め頂ける事となりました!
流通品番は[DQB-48]です。
ご利用ご利用!
詳しい内容 >> 『BOUNDEE/News/「東京中低域」ニューリリースは史上初のバリトンサックスだらけの映像作品。』

そしてご愛顧頂いているこの『CANDY』特設サイトや、東京中低域Facebookページにても続報ぞくぞくお届けいたします。
また、引き続 き東京中低域、及び、そのメンバーのライブで購入できる場合もありますが、その時々に応じて定まっておりません。
その都度、東京中低域、または、各メンバーへお問い合わせくださいませ。

Q:「東京中低域『CANDY』って、なんなんですか?」
A:「このページ、最初のブロックを読んでください。(笑)」

Q:「東京中低域『CANDY』についてTwitterでツイートしたいのですが?」
A:「ハッシュタグ( #ikiincandy )を用意しました。このハッシュタグを付けて、ツイートしてください。コメントお待ちしています。あ、宣伝も嬉しいです。w」

以上。